2008年08月19日

県境の産廃処理場計画:「米どころとして反対」

長野市の業者が、新潟県境の長野県信濃町野尻赤川地区で計画している産廃処理施設について、同町民らでつくる住民団体が18日、長野県に建設を許可しないよう求める要望書を提出した。
 この日、長野県庁を訪れたのは「信濃町産廃対策住民の会」など13団体約30人。予定地近くの野尻湖を農業用水として使う上越市や妙高市の住民も参加し「上越は全国でも有名な米どころ。下流地域も反対だ」と訴えた。
 長野県の白井千尋環境部長は「大変難しい問題。事業計画書が提出された場合は厳正に判断したい」と述べた。
posted by マップ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104993820

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。