2009年03月09日

注射針:ごみに混入、作業員けが

県立医大付属病院(和歌山市)で、産業廃棄物のプラスチックごみに使用済みの注射針が交じって捨てられ、清掃会社の作業員が指に刺す事故があった。県や同市保健所が改善を指示。同医大病院課は「原因を調査し再発防止に努める。廃棄の仕組みも検証する」としている。
 同課などによると、2月21日、病院地下1階で清掃作業をしていた作業員が点滴用の針を右手の指に刺した。調べたところ、ごみは9階東病棟から出ていた。注射針は、感染性廃棄物としてまとめて処理する必要がある。
 同課は「針の使用状況などから、(作業員の)ウイルス感染の可能性は低い。継続して感染の有無を調べ、治療を行う」としている。
posted by マップ at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。